QUESTION

よくあるご質問

父親が前立腺癌で亡くなっており、PSA検診を受けました。「特に異常なし」との結果でしたが、前立腺癌は遺伝するものなのか教えてください。(長岡市52歳男性)

まるごと生活情報 2015年04月25日号掲載

A. 前立腺癌は遺伝性のある癌といわれています。

 前立腺癌の直接の原因は正確にはわかっていませんが、複数の要因が癌発生に関与しています。精巣で作られる男性ホルモンの関与は必須ですが、そのほかに①年齢②遺伝③人種差④生活習慣、などが癌発生の危険因子となります。
 前立腺癌は典型的な高齢者発生癌であり、50歳以後の男性では年齢とともに発生率が高くなります。特に60歳以上の男性では急速に患者数が増加します。        
 遺伝に関しては、父親が前立腺癌の場合、その息子が前立腺癌になる確率は、そうでない場合に比べて約2倍になるといわれています。特に、父親、兄弟に2人以上癌患者さんがいると、癌になる危険率は5~11倍になるとの報告もあります。
 人種差による癌発生率は、地域差はあるものの、黒人、白人、アジア系人種の順に高くなります。
 肥満、高脂血症、高血圧症などの生活習慣病が癌発生に関係がある、との報告もあります。    前立腺癌は遺伝性癌といわれていますが、遺伝性であっても癌の発症には環境が強く関与しています。癌を発症させない規則正しい生活習慣とPSA検診による早期診断により、前立腺癌による死亡率は確実に減少すると考えています。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:329534