QUESTION

よくあるご質問

緊張しやすい性格で、お医者さんと話をする時 思ったことが言えません。医療機関を受診する時、 どの様なことを注意すれば良いでしょうか?

まるごと生活情報 2004年03月27日号掲載

いつ頃から何を困っているかを、 具体的にメモしてから受診するよう心掛けてください。

 医師は患者さんが診察室に入る時から、視診と言って全身を診ています。歩き方を診ただけで診断できる病態もあります。しかし、的確な診断をするためには、問診から正しい情報を得ることが最も大切で、問診のみで7~8割は診断が可能です。  医師が患者さんから得たい情報は、「いつ頃から、どの様な時に、どの様なことが、どのくらいの頻度で生じ、現在、何に困っているか」ということです。例えば、「少し前から」「ちょっと前から」と言われても、患者さんごとに「少し」「ちょっと」の期間に大きな差があります。1日なのか2~3カ月なのか、1年前なのか、まず具体的、客観的事実を伝えることが大切です。当然、全ての状態がいつからと、はっきり決められない場合もありますが、このときは「よくわからないが」と言ってもらえば良いのです。 また、例えば「おなかが痛い」といっても、常に痛いのか、食前に痛いのか、食後に痛いのか、体を動かすと痛いのかなど様々ですが、具体的事実を伝えるようにしてください。医師に対して何を求めているのかも、はっきりと伝えることも大切です。  医師は、問診を聞いた後必ず、家族歴、今までの病歴、アレルギーの有無、現在飲んでいる薬などを聞くはずです。その後患者さんを診察します。各科によって診療パターンは異なりますが、問診が最も重要な診断の根拠となります。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:328692