QUESTION

よくあるご質問

震災後4カ月が経ちますが、いまだに寝付きが悪くて悩んでいます。災害後に見られるこころの病気ってどんなものがあるのでしょうか? またPTSDとは何ですか?

まるごと生活情報 2005年04月23日号掲載

PTSDとは、自然災害、人為災害、テロ、戦争などの後何らかのストレス障害を生じることの総称です。

 3月20日福岡でまた地震が起きました。 私事ですが、高校時代の友人が福岡に住んでおり、さっそく連絡し安全を確認したところです。 友人は阪神大震災の救護班として、福岡から兵庫に駆けつけた熱血漢です。 中越大地震の時も彼から色々アドバイスを受けました(余談ですが、被災2~3日後全国から被災地に泥棒が集まるそうです)。 話は元に戻りますが、被災後の時期により被災者の心の悩みは変わってきます。 これらについて何回かに分けてお話ししたいと思います。 被災直後の心の動きは、これは被災者だけでなく、救護、行政に携わるすべての人に共通 しています。 この時期は身の回りに何が起こったか理解できない状態で茫然自失になります。 私自身も地震発生時「何だこれ?」といった感じでした。 しかも、1時間の間に5~6回も震度5~6の地震が発生すると「たぶん、地球、人類はこのようにして滅びて行くのだろう」と考え、恐怖感でいっぱいでした。 時間が経過し1週目を迎える間はライフラインの確保や、壊れ物の整理、掃除等、精神的興奮状態が続きます。 また急性期のストレス症状として睡眠障害なども生じますが、ほとんどが一過性の正常反応と考えて良いと思います。 2週目頃は恐怖の揺り戻しなど予期不安や、家屋の崩壊など現実を見つめ、うつ状態になる事が見られますがこれも一過性の正常反応と言えます。 問題は、1カ月が過ぎ将来の不安や、今までの緊張や疲労が心身の不調として現れるまさに心のケアが必要な場合です。 これに関しては次回説明いたします。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:327958