QUESTION

よくあるご質問

先日小型犬に咬まれてしまいました。幸い軽傷でしたが、まずどのような点に注意すればいいでしょうか?

まるごと生活情報 2005年08月27日号掲載

犬咬傷は普通 の外傷と同じに考えてください。狂犬病の心配はまず日本ではありません。猫咬傷は注意が必要です。

 咬傷の原因は、犬が約80%、猫約10%、ネズミ約2%と言われています。 犬によるけがは、普通の外傷(たとえば転んだ時のすり傷)と同じに考えてよいと思います。 つまり、出血の程度、咬まれた部位などから判断してください。 かすり傷程度では、傷口を水で洗い、石けんで消毒して血が止まっていれば焦らず翌日かかりつけ医で診てもらってください。 狂犬病は日本では現在ないと言われており、まず心配いりません。 しかし、多くの人は血を見るとパニックになる傾向があり、冷静な判断は難しいと思いますので、不安があれば医師に相談してください。 猫の場合は感染率が高く、ささいな傷でも抗生剤投与が必要なことが多いため、水で消毒後すみやかに医療機関を受診することをお勧めします。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:328681