QUESTION

よくあるご質問

今回は中年男性、高齢者(65歳以上)の男性の夜間頻尿について説明します。

まるごと生活情報 2005年12月24日号掲載

前回、夜間頻尿とは、夜中に1回以上排尿のために起きることとお話しました。 頻尿は実際の夜間の尿量により原因疾患を診断できます。 ですから、面倒でもまず夜間の尿量のチェックが必要です。  尿量が多い場合、たとえば糖尿病などの全身疾患を疑います。 糖尿病のコントロールが悪いと、のどの渇きから多くの水分を摂取し多飲多尿となり、夜起きるのは当たり前で、頻尿の治療は糖尿病のコントロールということになります。  また、高齢者の場合、脳梗塞の予防と称して寝る前に水分を取る習慣のある人が多く、日常の生活習慣の見直しから頻尿を軽減できます。  夜間の1回尿量がさほど多くなく1回以上起きる場合は、男性に特徴的な前立腺肥大症を考えますが、高齢者の場合睡眠障害も関係することが多く病態は複雑です。 つまり、眠れないからトイレに起きるのか、尿意でトイレに行くから眠れないのか、どちらの原因によるものか判断しづらい場合も多いからです。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:327968