QUESTION

よくあるご質問

健康診断で尿酸の値が高いと指摘されました。尿酸値が高いとどの様な病気が考えられますか?

まるごと生活情報 2007年02月24日号掲載

痛風が疑われます。

 痛風とは、血液中の尿酸が何らかの原因で高くなった高尿酸血症を基本とし、主に関節炎等の症状を示す病気です。  尿酸とは、プリン体と呼ばれる化学物質で、人の体の中で作られます。また、食品や飲料水の中にも含まれています。 全体の約8割は体内で作られ、残りが食事の中から体内に入ります。  血液中の尿酸の正常値は7㎎/dl未満で、7㎎/dl以上を高尿酸血症と呼びます。 尿酸値は、体内で作られる量や食事から取られる量と、腎臓で排泄される尿酸の量とのバランスによって決まります。 例えば、腎機能が低下すれば、尿酸の摂取量が極めて少量でも高尿酸血症になります。  高尿酸血症を放置すると、関節などに尿酸が主成分の痛風結節を生じ、まさに「風が吹いても痛い」痛風発作の激痛を起こすことがあります。 また腎臓にも影響を与え、尿路結石の原因にもなります。  次回は原因と治療についてお話しいたします。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:323092