QUESTION

よくあるご質問

健康診断で尿酸の値が高いと指摘されました。尿酸値が高いとどの様な病気が考えられますか?(※前回の続きです)

まるごと生活情報 2007年03月24日号掲載

前回のご質問について、引き続きお答えします。今回は痛風の原因と治療についてお話しいたします。

 前回、痛風とは、血液中の尿酸が何らかの原因で高くなり、主に関節炎等の症状を示す病気とお話ししました。  現在では、主な原因としては、飲酒を含めた食生活と、運動不足などの日常生活があると言われています。また、その他、遺伝、ストレス、薬の副作用が原因の場合もあります。  一方では、約6割の痛風患者さんが肥満であるという事実から、最近では次のように考えられています。尿酸の元になるプリン体の摂取量だけが問題なのではなく、1日の総カロリーにより尿酸値が上昇する、ということです。  治療の第一歩は、食事のカロリー制限から始まります。つまり、肥満を解消すること、同時にアルコールを控え、散歩など有酸素運動を続ける事をお勧めしています。なお、激しい運動は一時的に尿酸を上昇させると言われていますので、あまりお勧めできません。  しかし、痛風の方の約9割を占める中年男性は、運動の時間が取れないことも多いため、最終的には多くの方は薬物療法が必要となります。しかも肥満の方は糖尿病、高血圧、高脂血症を合わせて持っていることも多いため、そのコントロールがより一層重要となってきます。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:323136