QUESTION

よくあるご質問

私は昔から胃痛に悩んでいます。以前胃カメラを飲んだことがありますが、二度と飲みたくないくらい気持ち悪くなりました。最近、そういう心配のない鼻から入れられる胃カメラがあると聞きましたが、本当に気持ち悪くならないのでしょうか?

まるごと生活情報 2007年04月28日号掲載

鼻から胃の検査ができる 経鼻内視鏡についてお話いたします。

 喉の刺激は、奥歯を磨く時に「おえーっ」という吐き気を感じる感覚で、嘔吐反射と呼ばれています。医学的には自然な反応で、この反射がないと異物が気道を塞ぎ、窒息の原因となります。これは舌の根本を刺激することが原因で起こり、年齢などによる個人差がきわめて大きいと言えます。  口から行う胃カメラ検査の場合、内視鏡は必ず舌根部を通過するため、程度の差はありますが多くの方が違和感を感じます。そこで検査前にこの部位を麻酔するのが通例です。  しかし、経鼻内視鏡は、細めのうどん程度の大きさの内視鏡を鼻から挿入するので舌の根本は通過しません。そのため、嘔吐反射が起こりにくいと言われています。私自身もこの検査で大変楽に胃カメラ検査を済ませる事が出来ました。また、これまでの胃カメラではできなかった検査中の会話も可能になります。  なお、当医院ではかねてより胃腸の検査が必要と思われる患者さんには、消化器専門医を紹介し、いつでも胃カメラ、腸の検査ができるように連携しております。ここでは、経鼻内視鏡を導入して多くの患者さんに喜ばれています。不安のある方はご相談ください。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:328678