QUESTION

よくあるご質問

最近、飲料水が盛んにCMされていますが、健康によい水分の取り方があればお聞かせください。

まるごと生活情報 2007年09月22日号掲載

水分の取り方で注意すべきことについてお話します。

 以前、熱中症などによる脱水症状(水分が不足した状態)を予防するには、スポーツ飲料水を補給することが大切とお話ししました。健康によい水分の取り方とは、脱水を防ぐために塩分などを含んだ適度な水分補給をすることです。  高齢者、乳幼児を除けば、健康で特に持病のない人は身体に必要な水分が汗などで失われると、自然に喉が渇き水分を欲しくなります。自然に任せて適度に水分補給することが大切です。  しかし、病気の予防になるとして意図的に過度の水分摂取をうたって宣伝されている水も多種売り出されています。医学的根拠に乏しいものもあり、また個人の体調にも関わりますので、特に慢性腎炎など腎臓の働きが悪い人は、害があることも多く特に注意が必要です。  今年の猛暑のように、異常に発汗があるときは、水やお茶だけでの水分補給は危険な場合もあります。つまり、汗として塩分などの電解質も体から失われるため、俗に言うスポーツ飲料水の摂取が大切です。また、下痢などの症状がひどい時は便からカリウムが大量に出るため、カリウムを含んだスポーツ飲料を飲むことが必要となります。水・お茶だけでの水分補給は体の中の塩分濃度が低下し、けいれんなどの症状が出ることもあるのでご注意ください。  健康によいとうたわれた広告をうのみにしてただ漠然と水分を取るのはお薦めできません。特に持病がなく健康な人であれば、身体が水分を欲しているときに摂取するように心がけてください。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:327961