QUESTION

よくあるご質問

春先は花粉症に悩まされるのですが、夏が近くなった最近でも時々、突発性の花粉症のような症状に悩まされることがあります。原因と対策を教えてください。

まるごと生活情報 2008年09月27日号掲載

夏はイネ科のカモガヤ、キク科のブタクサなどの花粉飛散時期です。質問者はこれらが原因の花粉症と考えられます。

 以前この欄で私自身も春先のスギ花粉症に悩まされているとお話しました。花粉症と言えば春先のスギ花粉症を意味することが多いのですが、夏にも花粉症はあります。  花粉症とは、花粉が原因で生ずるアレルギー性疾患です。花粉により鼻水、鼻づまり、くしゃみ等が生じればアレルギー性鼻炎、眼が痒い場合はアレルギー性結膜炎、明らかな皮膚症状が出ればアレルギー性皮膚炎、咳などが出れば花粉喘息と診断され、それぞれの症状により受診する科が違いますが、原因が同じですので、内服治療の必要性があれば飲む薬にさほど違いはありません。  長岡では、スギ、ヒノキなどの花粉飛散期は2月中旬から5月上旬で、ピークは3月です。また8月から10月はイネ科のカモガヤ、キク科のブタクサ、ヨモギなどの花粉飛散時期です。質問者は春、夏と症状があることから、スギ、ヒノキ以外にもイネ科が原因の花粉症もあると考えられます。花粉症の診断は、症状と血液検査などからさほど困難ではありません。主症状が、眼、鼻であればそれぞれの科を受診し、アレルギーによる炎症所見を確認してもらうことをお勧めします。  花粉症の対策としては、原因を取り除くこと(つまり花粉に接しないこと)が治療の基本ですが、現実問題として不可能です。原因を取り除けないなら、何らかの対応が必要です。 私が自分自身で花粉症の対策として気をつけていることは、花粉からの接触を少なくするためにマスクをする(夏は暑くてしにくいですが)、朝夕洗顔する、薬の点眼点鼻を行なう、花粉飛散の時期に薬(抗アレルギー剤)を飲む(これはかなり有効です)などです。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:329299