QUESTION

よくあるご質問

最近、72歳になる父の「もの忘れ」が続いており、家族で心配しています。認知症というほどひどくはないと思うのですが、どの程度の症状になったら医者に連れて行けばいいのでしょうか?

まるごと生活情報 2008年10月25日号掲載

誰もが経験する物忘れと、病的な物忘れとの違いについてお話します。

 物忘れは一般の人でもよくあることです。これは年齢とともに脳の機能が自然と低下するために起こる、老化という自然現象の一つであり病気ではありません。お年寄りに限らず多くの方々(私は52歳ですが)が、「テレビで見る芸能人の名前が思い出せない」「久しぶりに会った人の名前を忘れた」などの経験があると思います。また「2~3日前に食べた食事の内容が思い出せない」「どこに携帯電話を置いたか忘れた」など、年齢とは無関係な度忘れは誰もが経験するところです。これらの物忘れは病気ではなく、認知症による物忘れとは区別されます。  家族が心配する病的な物忘れの例えを列挙しますと、1.自分の年齢がわからない、2.簡単な計算ができない、3.食事の内容を忘れるのではなく、食事をしたこと自体を忘れる、4.物忘れをすることの自覚が乏しい、5.自分が何処にいるのかわからない、などです。  要するに、「物忘れが急速におこり、日常生活に支障が出る」と医師の診察が必要と思われます。これらの症状が見られたら、神経内科、精神科などの専門医を受診することをお薦めします。近年は、物忘れ外来などを標榜している病院もあります。  次回からは認知症について何回かに分けてお話しいたします。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:323102