QUESTION

よくあるご質問

1箱1000円……なんて話を聞くたびにタバコを止めたいと思っているのですが、なかなか禁煙できません。よい治療法はありますか?

まるごと生活情報 2008年12月27日号掲載

禁煙の動機付けをもう一度よく考えてください。必要なら禁煙をサポートする飲み薬、貼り薬もあります。

 以前この欄で禁煙の方法、タバコの害についてお話しましたが、今回も私の経験から再度お話します。私も医学生時代(昭和52年)から平成11年2月まで、1日平均約20~30本タバコを吸っていましたし、飲酒時などはヘビースモーカーでした。昭和52年当時は医学部教室の廊下、大学病院の診察室には灰皿が置いてあり、一般の綜合病院も同じような状況でした。また、公共の乗り物、レストランなども吸いたい放題で、分煙権という言葉もない時代で、今では想像もつきません。  ご質問の件ですが、まずなぜタバコを止めようと考えたかを思い起こしてください。 医学的に言えば(すでに常識ですが)、タバコはたくさんの発癌物質を有しています。そのうちニコチン、タールが有名で、はっきり言えばタバコ=毒です。肺癌、咽頭癌はまずタバコが原因と断定してよいくらいです。禁煙することを、自分の健康のため自分自身で判断したのか、医師から忠告されたためなのか、やむなく職場が禁煙になったためなのか、をはっきりさせることが大切です。  私事ですが、田村クリニックを開業したのが平成7年9月で、これを契機にタバコを止めようとも考えましたが、結局平成11年まで吸い続けたことになります。しかしながら、咳が止まらないなどと訴える患者さんに、自分がタバコ臭く、患者さんに禁煙を薦めるのも説得力に欠けると思い、医師としての立場から平成11年2月のある日を境にきっぱり喫煙を止めました。  家族のためとか、新年を迎えることを契機にするとか、動機付けをはっきりさせると意外とうまくいきます。しかし、タバコを吸うことはニコチン中毒症で、薬物依存症という病気です。医学的に治療薬もありますが、安易にニコチンガム等に頼るのは危険ですので、一度かかりつけ医に相談してみてください。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:328682