QUESTION

よくあるご質問

DLコレステロールについてテレビコマーシャルでよく宣伝していますが、コレステロールが高いとなぜいけないのですか?

まるごと生活情報 2009年07月31日号掲載

今回よりコレステロールについてお話しいたします。

 血液中の脂肪にはコレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸などがありますが、健診ではコレステロールと中性脂肪を測定しています。さらに、コレステロールは血液中では蛋白と結合し、結合する蛋白の種類により、善玉 、悪玉に分類できます。
LDLコレステロールとは悪玉コレステロールのことで、この値が正常値を超えると血管壁がもろくなり、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの発症頻度が上昇します。心臓、脳の病気にならないためには、悪玉コレステロールの値を正常値に保つことが大切なのです。
しかしながら、コレステロールは人体のホルモンなどを作る材料ですから、低くても問題です。たとえば、アルコール性の肝機能障害の人は体内でコレステロールを作る力もなくなり、低コレステロール血症となり、体に必要な物質が不足します。低いからといっても安心はできません。  以前はコレステロールの値が高いと高脂血症と言われていましたが、数年前から脂質異常症と呼び方を変更しています。これは、善玉コレステロールの値は高い方が体に良いからです。脂質異常症の診断基準は表の通りです。
治療については、運動、食事、内服療法がありますが、これらに関しては次回説明いたします。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:323143