QUESTION

よくあるご質問

LDLコレステロールについてテレビコマーシャルで良く宣伝していますがコレステロールが高いとなぜいけないのですか?(前回の続きです)

まるごと生活情報 2009年08月29日号掲載

今回はコレステロール異常の治療法についてお話しいたします。

 前回、LDLコレステロールとは悪玉コレステロールのことで、この値が正常値を超えると血管壁がもろくなり、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの発症頻度が上昇しやすくなることをお話しました。また、数年前から脂質異常症と呼び方が変わったこと、心臓、脳の病気にならないためには、悪玉コレステロールの値を正常値に保つことが大切なこともお話しました。コレステロールに関する脂質異常症の診断基準は表の通りです。  治療の原則は、生活習慣の改善です。具体的には1禁煙2食生活の是正3適度の運動を行い適正な体重を維持する、ことです。
1.煙草は血管の壁をもろくし、心臓・脳の病気の原因になるだけでなく、肺癌、喉頭癌などと関係があり、ぜひ禁煙をお薦めします。しかし、ニコチン依存症は病気ですから、禁煙指導は必ずしも容易ではありません。煙草を止めたい、との強い意志がある方は禁煙外来への受診をお薦めします。
2.食生活では、コレステロール摂取量は1日300mg以下にすることが良いとされ、例えば、鶏卵の卵黄1つには260mg、タラコ1腹には228mgのコレステロールが含まれており、これらを意識して食事をすることが大切です。また、大豆蛋白、ビタミンC,EなどはLDLコレステロールを低下させることが解っています。
3.運動に関しては、毎日平均30分以上歩く程度の軽い運動を続け、肥満を改善することが大切です。  生活習慣の改善を3~6ヵ月続けても、脂質異常症が続く場合は飲み薬が必要となりますが、すでに心臓・脳の病気を経験されている方は、早期の内服治療が必要です。また、薬を飲みながら生活習慣の改善の努力すれば、薬を飲まなくてもよくなる場合もたくさんあります。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:329263