QUESTION

よくあるご質問

健康診断でPSA値の異常があり、「要精密検査」と指摘されました。PSAについて教えてください。

まるごと生活情報 2011年06月25日号掲載

PSA検診は前立腺がんの早期発見に役立ちます。前立腺がんとPSAについて何回かに分けてお話します。1回目:前立腺がんとPSAについて/2回目:PSAの年齢による変動について/3回目以降:PSAに関する最新の見解について

 前立腺がん、特に「前立腺」という言葉が、世間に認知され始めたのは平成15年の天皇陛下の前立腺がんの発表からだと思います。それまでも前立腺検診という言葉はありましたが、他の5つのがん検診(胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん)に比べて影の薄い分野でした。最近ではタレントの間寛平さんの病名告白が有名ですが、それ以前も故三波春夫氏、プロゴルファーの杉原照雄氏など、近年前立腺がんの頻度はますます上昇し、メディアでも多く取り上げられています。
PSAとは血清前立腺特異抗原(Prostate Specific Antigen)の略号です。男性特有の臓器である前立腺からでる血液中のPSAを測定することによって前立腺がんを早期に発見し、がんによる死亡率を低下させることが出来ます。PSAは本来血液中には高い濃度では存在しませんが、前立腺がんになると、多くの場合で血中濃度が上昇し、国際基準ではPSAの値が4ng/ml以上となります。
では、逆にPSAが4ng/ml以上なら、前立腺がんがあるかと言われれば、そうではありません。しかし、PSAがある値を超えた場合前立腺がんを疑う根拠となるため、PSAの値を診て「要精密検査」と指摘されるのです。
PSAの正常値は年齢により異なるとされ、次回はPSAの年齢による変動値についてお話します。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:328681