QUESTION

よくあるご質問

秋の検診で尿に血が混じっていると指摘されました。特に自覚症状はありませんが、血尿について教えてください。

まるごと生活情報 2011年11月26日号掲載

血尿とは、尿中に赤血球が増加した状態と定義されています。血尿に関して何回かに分けてお話します。1回目:血尿とは 2回目:血尿の原因について 3回目:たんぱく尿との合併について。今回は1回目です。

 尿中に赤血球が増加した状態を「血尿」と定義しています。血尿には、肉眼で見ても尿が赤色、ないし茶褐色になる「肉眼的血尿」と、質問者の様に尿検診ではじめて発見される「顕微鏡的血尿」に大別されます。目で見て尿の色に変化があれば驚いて医療機関を受診しますが、検診で指摘される血尿は自覚症状が全くないため、放置されることも少なくありません
ただし、目で見て尿の色が赤くても、血尿ではなく黄疸が原因の事もあり、血尿と診断するには、必ず尿を顕微鏡で観察し赤血球を確認する事が大切です。
尿は、もともと血液中の老廃物が腎臓で濾過されて作られ、正常尿の色は、淡黄色で清明です。濾過する場所は赤血球を通さないため、原則的には尿には赤血球は存在しません
血尿の原因は、年齢、性別などの条件により異なりますが、血液が腎臓で濾過する場所や、尿が出来てからの腎、尿管、膀胱、尿道などの尿の通り道(尿路)のどこかに変化が起これば尿に血液が混じります。
次回は血尿の原因についてお話します。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:328678