QUESTION

よくあるご質問

秋の検診で尿に血が混じっていると指摘されました。特に自覚症状はありませんが、血尿について教えてください。2(※前回の続きです)

まるごと生活情報 2011年12月24日号掲載

血尿とは、尿中に赤血球が増加した状態と定義されています。血尿に関して何回かに分けてお話します。1回目:血尿とは 2回目:血尿の原因について 3回目:血尿に関する考え方について。今回は2回目です。

 1回目は、血尿の定義についてお話しました。血尿とは、尿中に赤血球が増加した状態であり、肉眼で見ても尿が赤色、ないし茶褐色になる「肉眼的血尿」と、質問者の様に尿検診ではじめて発見される「顕微鏡的血尿」に大別されます。
今回は血尿の原因についてお話します。
尿は、もともと血液中の老廃物が腎臓で濾過されて作られ、腎盂、尿管、膀胱、尿道などの尿の通り道(尿路)を通って体の外に排出されます。これらのどこかに異常があれば血尿の原因となり得ます。つまり血尿の原因は、 1.血液を濾過する腎臓そのものに異常がある場合 2.腎臓の濾過機能には異常が無くても、尿が作られた後の尿路に変化がある場合 3.腎臓・尿路には異常が無くても、血液を固まりにくくする薬を飲んでいる場合、等に大別されます。
1の場合はたんぱく尿を合併することが多く、腎炎などの腎臓内科的疾患が考えられます。
2の場合は、腎臓・膀胱等の結石、腫瘍、感染など、まずは泌尿器科的疾患を念頭に検査を行います。例えば膀胱癌の患者さんの80%以上は血尿が主たる症状ですし、尿路結石の大部分はお腹の痛みなどを伴い、また膀胱炎も程度の差により血尿を伴います。
このように、血尿を指摘された場合、症状のあるなしにかかわらず、年齢、性別により治療を必要とする病気が隠されている可能性があり、どの様な考えで検査を行うか、次回血尿に関する考え方のまとめをお話します。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:327969