QUESTION

よくあるご質問

テレビ番組などで、お酒の害と共に適度のお酒は体に良い、と放送されましたが本当なのでしょうか? 体に良いお酒の飲み方があれば教えてください。3(※前回の続きです)

まるごと生活情報 2013年03月23日号掲載

3回目の今回はアルコール依存症についてお話します。

 今まで2回にわたり①アルコールには肝臓に対して毒性があり、飲酒と肝障害は明らかな因果関係があること②ただし、適度な飲酒はHDL(善玉)コレステロール値の上昇などにより、虚血性心疾患、脳梗塞のリスクが低下するという報告があること③この適度な飲酒量とは、1日平均純アルコールにして約20g程度とされ、これは日本酒で1合弱、ビールでは中びん(500ml)1本分に相当する、とお話しました。
 アルコール依存症とは、「飲酒したいという強い欲望=精神依存」がある状態です。どの種類のお酒を、どのくらい飲んだらアルコール依存症、というわけではありません。「アルコールを飲みたいという強い欲望があること」つまり、「精神依存」が存在することがアルコール依存症です。
 具体的症状は①断酒や節酒を決心しても守ることが出来ない②朝から飲酒する③飲み始めるといつも泥酔するまで飲んでしまう④以前と同じ量では酔いが軽くなり、酔うための飲酒量が増える⑤飲酒のために、それに代わる楽しみや趣味を次第に無視するようになる⑥明らかに有害な結果(アルコール性肝硬変など)が起きていても、依然として飲酒する、などです。
 また、気分障害、睡眠障害、摂食障害、人格障害などをしばしば合併し、場合によっては自殺のリスクを高めることも多く、専門医での治療が必要となります。
(参考文献 日本医師会雑誌 アルコール関連障害の現状と対策)

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:323138