QUESTION

よくあるご質問

テレビなどで、尿が泡立つのは病気が隠れているため、と報道されていますが本当でしょうか? 最近気になって仕方ありません、尿の泡立ちについて教えてください。また正常の尿の色についても教えてください。(長岡市48歳男性)

まるごと生活情報 2014年05月24日号掲載

尿が泡立つと感じる人の中には、排尿による尿の勢いとトイレの水との物理的現象によって発生する泡のことを気にかけている場合もあり、「尿の泡立ち=病気」とは限りません。尿は、もともと血液中の老廃物が腎臓で濾過されて作られ、濾過する場所は赤血球やタンパクを通さないため、原則的には尿には赤血球やタンパクは存在しません。そのため正常尿の色は、淡黄色で透明です。
 尿の色合いは、水分の摂取量、食べ物、飲んでいる薬などにより変化します。夏場汗を多くかき、尿量が減れば濃い黄褐色になりますし、水分を多くとれば尿量が増え無色に近くなります。また、止血剤を飲むと茶褐色、下剤を飲むと赤褐色になることがあり、淡い黄色以外すべて病的とは限りません。
 質問者の心配されている尿の泡立ちは、病的なものか正常範囲のものなのかは尿を検査すれば直ちに診断できます。尿の検査でわかるのは①タンパク②糖③赤血球④白血球⑤ビリルビン⑥ケトン体などの有無です。病的な泡立ちであれば、尿が濃くなり粘稠度が高くなることにより尿の泡立ちが目立つとされます。
 尿が泡立つ病気として①尿の中に大量の蛋白が排泄される慢性腎臓病②尿中の糖(尿糖)が増加する糖尿病などが代表です。ただし、尿の泡立ちが気になり当医院に来院されても、検尿で全く異常のない場合も少なくありません。心配であればかかりつけ医に相談することをお勧めします。

一覧へ戻る

〒940-0875
新潟県長岡市新保1丁目20-9

受付時間 日祝
AM 9:00-12:15
PM 15:00-17:30

●御来院の際は診察券を受付にお出しください。なお、毎月始めの来院日には、保険証を御提出ください。
●新患の方は診察の順番が前後する場合がありますのでご了承ください。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。

アクセス数:329248